PS2版DQ5メモ/エスターク

みなごろし

みなごろしの命中について検証しました。みなごろしはプチファイターも使えますが、みなごろしはザキ系のカテゴリーに分類されるので、ザキ系に耐性が無いプチファイターは使用していません。ザイル、エリミネーターを使用しています。ギガンテスはみなごろしを使えません(敵のときはモロに使ってきますが……仲間になると忘れてくれます)が、ザキ系に耐性があるので数合わせに使っています。また、攻撃対象にもザキ系に耐性のあるゴーストを使いました。

調べる過程で、みなごろしを使った本人には攻撃が当たらないことが分かりましたので、ゴーストに攻撃がいった場合は敵に命中し、みなごろし使用者以外の仲間に攻撃がいった場合は仲間に命中したものとします。

ザイルのみのパーティーでゴースト1匹にみなごろし

100回攻撃し、100回ともゴーストに当たりました。

命中確率は100/100で、1

ザイル、エリミネーターのパーティーでゴースト1匹にみなごろし

200回攻撃し、敵に99回、仲間に101回命中。

命中確率は99/200で、約1/2

ザイル、エリミネーター、ギガンテスのパーティーでゴースト1匹にみなごろし

200回攻撃し、敵に64回、仲間に136回命中。

命中確率は64/200で、約1/3

ザイル、エリミネーター、ギガンテス2匹のパーティーでゴースト1匹にみなごろし

200回攻撃し、敵に52回、仲間に148回命中。

命中確率は52/200で、約1/4

ザイル、エリミネーター、ギガンテスのパーティーでゴースト2匹にみなごろし

200回攻撃し、敵に107回、仲間に93回命中。

命中確率は107/200で、約1/2

よって、以下のように考察しました。

04/06/02

ミラーアーマー

回復呪文の反射

スライムナイト3匹(ミラーアーマー装備)、ホイミスライム(ベホマラー使用)のパーティー。

ベホマラー1回を3回分の試行と考えます。(反射の機会は3回)

ベホマラーを134回使いました。(402回の試行)

137回ホイミスライムに反射しました。

反射確率は137/402で、約1/3

攻撃呪文の反射

主人公、スライムナイト3匹(ミラーアーマー装備)のパーティー。

迷いの森のアンクルホーンと戦闘。

バギクロス、ベギラゴン、ヒャダルコ1回を4回分の試行と考えます。(反射の機会は4回)

上記呪文を計75回くらいました。(300回の試行)

78回アンクルホーンに反射しました。

反射確率は78/300で、約1/4

回復呪文の反射と攻撃呪文の反射の確率が違っていたのは驚きの結果です。

小ネタ

アンクルホーンは数回の反射で倒せるのですが、倒した後にもその敵に反射します。ですが、既にお亡くなりなのでダメージは与えられません。

耐性には無効、強耐性、弱耐性、無耐性の4種類があります。スライムナイトはギラ系に強耐性があり、アンクルホーンはギラ系に弱耐性があることが知られています。この場合反射ダメージは弱耐性で計算されていました。つまり反射ダメージは敵のダメージ計算に因るものであるということが分かりました。

アンクルホーンをA、スライムナイトをBとして説明します。

A(呪文攻撃)、B(ダメージ)

A(呪文攻撃)、B(反射)、A(ダメージ)

このようになりますが、B(ダメージ)とA(ダメージ)は全く違ったものだということです。

04/06/06

エスタークとの実戦

力255+ふぶきのつるぎ+バイキルト

「力255+ふぶきのつるぎ+バイキルト」という条件下の平均ダメージを検証しました。

条件を満たしたときの119回の攻撃の平均は、297.64…でした。

条件を満たしたときの最大ダメージは322、最小ダメージは270となりました。

また、会心の一撃は5戦中、1発しかでませんでした。

力255+バイキルト+ちからためorきあいため+みなごろし

「力255+ふぶきのつるぎ+バイキルト」の方法でエスターク戦に10回ほどチャレンジしています。イオナズンやメラゾーマのミラーアーマーによる反射ダメージなども利用し、いのちのきのみ等の種は未使用ながら8ターンで倒すことができています。ですが、現在エスタークを最小ターンで倒すには「力255+バイキルト+ちからためorきあいため+みなごろし」を使うのが一般的となっていて、もうこの方法は用いられません。「ちからためorきあいため+みなごろし」を使うことができるのはプオーンとプチファイターだけです。この方法で理論上は4ターンで倒すことが可能になります。

プオーンとプチファイター×3を仲間にし、レベルを最大まで育てます。ただしプチファイターは最大レベルでもHPが不足する可能性がありますので、いのちのきのみでHPを増やします。

プオーンとプチファイターの装備
- プオーン プチファイター
武器 オリハルコンのキバ はかいのてっきゅう
ぎんのむねあて メタルキングよろいorまじんのよろい
- オーガシールド
ちりょくのかぶと メタルキングヘルムorグレートヘルム

装備品は上記のようにします。まじんのよろい、オーガシールド、メタルキングヘルムがプチファイターの最適な装備になると思われますが、まじんのよろい、メタルキングヘルムは入手数が限られています。ただしオーガシールドはセルゲイナスを倒すことで無尽蔵に入手可能なので、レベル上げの過程で集めるといいでしょう。

プオーンに戦いのドラムを使用させる理由は、プオーンは「オリハルコンのキバ(攻撃力115)」が攻撃力が最大となる武器ですが、プチファイターは「はかいのてっきゅう(攻撃力125)」が装備できるためにより大きなダメージを期待できるからです。素早さもプオーンが若干高めです。

プオーンとプチファイターのターン毎の行動
- プオーン プチファイター
1ターン 戦いのドラム ちからため
2ターン きあいため みなごろし
3ターン みなごろし ちからため
4ターン 戦いのドラムor攻撃 みなごろし

エスターク戦では上記のように戦います。一発で約1500ダメージが期待できますがダメージ範囲は広く、1300台の値がでることもありました。なので4ターン目のプオーンはダメージ量に応じて最適な行動をとるといいです。エスタークは経験的にHP9000、ターン毎の回復なしと分かっていますから、累計ダメージが9000に達しそうにない場合は攻撃をしましょう。

実戦はしていません。するつもりも今のところはありません。といいますのも、当サイトの情報にもありますようにエスタークへのみなごろしの命中は約1/4の確率であると考えられるためです。3ターン目までにみなごろしが4回ヒットする確率は1/4の4乗なので1/256の確率となります。さらにエスタークのいてつくはどう、みなごろしのダメージ範囲など様々な要因により、この確率よりも3ターン終了までの成功率は低くなるものと考えられるので……。そこから4ターン目を成功させないといけないわけです。

ヘルバトラーの2匹目(仲間になる確率は1/1024)を仲間にするためにどれだけのヘルバトラーを倒したのかを思えば……。おそらくそれ以上エスタークと戦わなければならないと思えば……。戦う気なんて全くおきません(笑)

低ターン撃破の猛者たち

このページよりも有益な情報が数多くありました(笑)

特にドラクエTOWNの戦略には舌を巻きました。

みなごろしを使うキャラ以外をあえて死亡させる事でみなごろしの命中確率を高めるという作戦です。

本当に脱帽!ぜひともご覧下さい。

04/08/29

2004-2005©Katu