秋田の方言メモ/#31から#35まで

#31わらし

わらし」(標準語訳は「子ども」)は思ったことを口にします。だからすぐに喧嘩になったり、対立関係になったりします。「そんなことで恨んでいるの?そんなことで怒っているの?」と呆れることもしばしば。「○○と知り合いだから、△△は嫌い」などが例に挙げられますね。本当にかわいいですね。若いっ!

「○○買ってよ〜!」と小さい頃、親に頼むのですが、基本的にダメだと言われました。とりあえずそれがうちの教育方針でした。「我慢のできない人間はろくな人間にならない」と口酸っぱく言われました。そのおかげでほら、こんなに我慢強い人になりましたよ。今年もノークーラーでフィニッシュです。

思い通りにならないと「むつける」子どもがいます。「むつける」とは「ぶすっとする」「拗ねる」といった意味です。自分の要求を通そうと、自分をかまって光線を発射するんですね。でもかまってもらえるはずもありません。

または「だんじゃぐ」になる子どももいます。全力で泣き出してみたり、八つ当たりしてみたり。「だんじゃぐ」とは「乱暴な」という意味です。「だんじゃぐ」は「まげる」ものなので、「だんじゃぐまげな!」(標準語訳は「乱暴なことするな!」)と怒られて、わっと泣き出します。「だんじゃぐ」な子どもは泣き出すことが多いのかな。自分の要求が通らないから。頼みごとの捉え方がまだ分かっていないんですね。

最後には「もぞこぐな!」(標準語訳は「訳の分からないことを言うな!」)と一喝されて、はい終了。「もぞこぐ」とは「訳の分からないことを言う、する」という意味です。

もぞこぐ」は中学生くらいまで「もじもじしている」の意味だと勘違いしていました。車の中でおしっこを我慢していて、もじもじしていたら、「なに、もぞこいでんなだ?」(標準語訳は「何、訳分からないことやってんだ?」)と言われたことがあるからです。小さいころに小安峡温泉から実家までおしっこを我慢したことがありまして……。それがものすごい印象が強かったんですね(笑)

繰り返しますが、「もぞこぐ」とは「訳の分からないことを言う」「訳の分からないことをする」という意味ですからね。「もぞ」はどういう意味か分かりませんでしたが、調べてみたら「寝言」という意味のようです。寝言自体、基本的に訳の分からないものですからね。

「最近の子どもはませている」なんて話を聞きますが、こんな子どももまだまだいるから大丈夫です。子どもから子どもらしさが失われていなければ、心配ないでしょう。

私は「子どもを諭すお仕事」をしているのですが、中学生は本当に様々です。「カトゥーさんって彼女います?います?(笑)」という話を好んでしてくる人もいれば、「ポケモン全部レベル100まで上げたし(笑)」という話を好む子どももいます。年は同じでも、考えていることは全然違うんだなとつくづく思います。私が中学生だったらどちらを好んでいたのでしょうか。うーん、どちらかというと……前者(笑)

でも中学生とのお話は刺激的です。「カトゥーさんの服って○○の奴ですよね?そのTシャツはどこで買ったんですか?」と話されて服関係で論破されそうになったり、「ACミランが…」と話されてサッカー関係で論破されそうになったり。負けたくないから、ちょっと頑張ってしまいます。普通の中学生には何においても負けたくないんです。

子どものことを考えてみたり、知り合いも結婚するみたいですし、もうそんな年ですよ。間違いなく思考は親サイド。あの……私、物凄いピッチで枯れているんですけど。

04/10/10

#32まめ

ちょっと風邪気味です。しばらく風邪をひいていなかったので、油断していました。昨年の四月以来です。病院嫌いなので、病院にはめったなことが無ければ行きません。なので今回も行きません。コンタクト購入時の視力測定で行ったことは覚えていますが、それ以前はいつ行ったのか、さっぱり思い出すことができません。

病院にはうれしいことよりも、かなしいことの方がきっと多く起こっています。そういった雰囲気もどことなく漂っています。人一倍心の変化が大きく、感傷的になってしまうので苦手です。風邪ごとき、となめてかかると痛い目に遭うこともあるでしょうが、風邪に間違いは無さそうですから。

私はあまり自分のことをアピールするようなタイプではないので、いつものごとく平静を装っているつもりです。そんななか、今日「風邪ひいた?」と聞かれることが二度ありました。なぜかうれしくてたまりませんでした。私の脳内辞書には「髪切ったの?」が言われて嬉しい言葉として登録されていて、事あるごとにそのページをめくってきましたが、「風邪ひいた?」も登録してみようと思いました。

体調が悪いとそれがどうも文章に反映されるようで、普段も特にキレは無いのですが、それ以上にキレがありません。また考え方もネガティブになっていくようで、話す人話す人、私を不安げに見ているような……。実際、心はガラスのように脆いのですが、砕け散ったところで問題ありません。キングスライムがいくつかのスライムに戻るだけ。しばらくスライムとして活動し、機を見てキングスライムに戻るという行動を取り続けて今に至ります。「病は気から」は、やはり経験論として語れるレベルにあるのかもしれません。

さてさて、秋田弁では元気なことを「まめ」と言います。「まめだが?」(標準語訳は「元気?」)というフレーズはお年寄りにとっては大事な挨拶用語です。しょっちゅう会うことは無いのですが、数ヶ月にいっぺんは会う程度の知り合いは秋田では多いものです。「おめなえのじさどばさなばまめでらが?」(標準語訳は「あなたの家のおじいさんとおばあさんは元気でいるの?」)と聞かれたら、よっぽどのことが無い限りは「まめだよ」(標準語訳は「元気だよ」)と答えてあげるのが筋。尾ひれが付いた噂が広まってしまいますので……。

こんなジョークを聞いたことがあります。海外で交通事故を起こした日本人ドライバーが、「How are you?」と聞かれて、「I’m fine.」と答えたとか。恐らくその日本人は「(事故はしたけど)大丈夫だ」のつもりでそう答えたのでしょうが、事故を起こした時点で明らかに大丈夫ではないので英語の感覚からすればこれは不自然です。ですが、「大丈夫?」と聞かれて「大丈夫」と答えるのは自然な気がしませんか?これが日本人の感覚。

「恥の文化」は脈々と受け継がれていくんだなあ、と実感します。バグダッドで起きた「日本人拉致事件」での日本の反応がまさにそうでした。イメージの問題(「オウム関係」「ヒ素関係」はかつてならなかった経緯があります)もあり、「自己責任」は流行語大賞に選ばれるかは微妙ですが、もしかしたらと個人的に思っています。「毒まんじゅう」なんてどうでもいいですから、もっと考えさせられるようなこういった言葉が選ばれることを望んでいます。

まめ」を調べてみますと体が丈夫である・こと(さま)。達者という意味がありますし、検索してみると秋田県、岐阜県、山口県など様々な県で「まめ」が同じ意味の方言として扱われているようです。これだけの範囲をカバーしていれば方言じゃないとも思いますが、私個人としては秋田県で方言として聞いたことしかなく、標準語の「まめ」を聞いたことがありません。全国各地の有志が方言として「まめ」を取り上げているのは、面白い現象です。

「まめ」は標準語なのか、それとも方言なのか、それは私のような若造には判定できません。こう迷ってしまうのは「まめ」自体が「地域住民との挨拶の言葉」であって、他の方言と混ぜられて使うことになっているからだと思います。ただ方言と思っておいた方が無難で、「元気」で事足りることをそんなに回りくどい表現しなくてもいいのかもしれません。NHKのアナウンサーに全国規模で「まめ」という言葉を使って頂き、そこをはっきりして欲しいです。ものすごく希望。決して無理な願いではないと思うのですが。

元気でなくても「元気だよ」と言ってしまいそうな私。そして本当の気持ちを見透かされて喜んでいる私。さっさと元気になって、そんなもやもやもすっきりさせたいです。「病は気から」とも言いますけど、「健全な肉体に健全な精神が宿る」とも言いますし。つまりはどっちかが良くなれば自然といい方向に向いていくということ。心と身体のどちらかをいい方向に進めていければいいんですけど、まずは手っ取り早い方法で。

「ちょっと風邪ひいた?」と君が言ったから十月十八日は早めのパブロン(関連リンク俵万智

パブロンと変換したら、パブ論と出てきて妙に焦った。

04/10/19

#33ひよこはこっこ

昨日友人たちとひよこについて話す機会がありました。といいますか、ひよこについて一方的にしゃべっていました。その人たちはあまり喋るタイプの人たちではなかったので、マシンガントークの復活はしていません。サークルの人たちにどんと喋ることができれば個人的にOKという感じです。こりゃ多分数年がかりですよ。

ひよこを秋田弁で「鶏のこっこ」「鳥のこっこ」と言うことがあります。「こっこ」は「Cocco」とアクセントが違います。アクセントが無い感じでしょうか。

秋田弁では子どものことを「わらし」と言うことは以前述べましたが、そちらは人間の子どもで、「こっこ」は動物の子どもや赤ちゃんに対してつかいます。

そして「象のこっこ」「キリンのこっこ」と言う事はできるのでしょうが、なんだか不自然です。やっぱり「犬のこっこ」「鳥のこっこ」の方がしっくりくるんです。大きさの問題もあるようです。象やキリンのような大きい動物に対してではなく、犬や猫、鳥などのある程度小さい動物につかってあげるのがいいでしょう。

こっこ」からは「べってこい」(標準語訳は「小さい」)というイメージだけでなく「めんこい」(標準語訳は「かわいい」)というイメージも引き出せるので、それもこう意識しておいた方がいいと思います。小さくてもグロテスクな赤ちゃんには使うと変かもしれません。……グロテスクな赤ちゃんって何なのでしょう。ネオテニー以外に思い浮かばない。

「昨日友人たちとひよこについて話す機会がありました」とさも平然と書いていますが、なぜこの流れになったのか気になりませんか?

高校の時、同じクラスに「ひよこ」というあだ名の女の子がいたんですよ。時々口をとんがらせているのでそういうあだ名になったのです。「ピヨこ」「ピヨピヨ」と言っている人もいましたけど、個人的には「ひよこ」でした。で、同窓会の時に彼女と会って話したんです。その時に名前が出てこなかったんです。向こうは完全に憶えていたようですが、本当にごめんね。ひよこ。実は今も名前が思い出せないよ(笑)

話は変わります。PS2版のDQ4にエッグラとチキーラっていうボスがいたんです。多分エッグとチキンをもじった名前の2人なのですが、彼らが「卵が先だ!いやいや鶏が先だ!」ってけんかしていたんです。これについてちょっと一言だけ。

鳥A(鶏に進化する前の鳥)、卵A、鳥B(鶏)、卵B

進化は急激に起こるわけではないので恐らくこういった流れです。卵Aを境に進化したということです。すると鶏が生まれる前に卵Aが生まれていますから、卵が先です。

でも「鶏の卵が先か、鶏が先か」という問題にしたら、これはやっかいです。答えはありません。卵Aの中に入っているのは鶏なのですが、それを産んだ鳥は鶏ではありません。この卵Aを鶏の卵としていいのか、それとも鶏が産んだ卵Bが鶏の卵になるのか、これは定義の問題です。誰かが定義してくれると決まるんです。

「鶏の卵」は「鶏が産まれる卵」と定義されたら、卵Aが鶏の卵と定義され、鶏の卵が先になります。「鶏が産んだ卵」と定義されたら、同じように考えて鶏が先になります。定義を誰か決めてください。ひよこにお願いします。

だーから名前なんだっけ。本当にごめん、ひよこ。この文章を書き終わったけど、まだ名前思い出せないよ。

04/10/27

#34なべっこでいものこ汁

ちょっと前に両親が仙台に来ました。そして米をどんと置いていきました。もちろん新米のあきたこまちです。

さきがけonTheWeb」というサイトで確認したのですが、今年のあきたこまちの作況指数は「85」で、特に台風15号の塩害をもろに受けてしまった県央部は「69」という低さなんだとか。全県でみてもタイ米が緊急輸入されたあの1993年の「83」という数字に次ぐ低い水準なのだそうです。

兼業農家の分際でプロと自負している父は「じらっと」していました。「なんてもねぇ」(標準語訳は「なんでもない」)なんて言っていましたが、強がりなのか、それとも本当になんでもないのかはさっぱり分かりませんでした。米をどんと置いていくというパフォーマンスは「心配するな」という気持ちの表れのようですが。でも「俺の新米を食ってくれ」と口にはしなくても、行動で示すという典型的な秋田人タイプなのです。だから大丈夫かなとは思っています。

その時に「なんがかせれ」(標準語訳は「何か食べさせて」)とは言っていませんでしたが、ちょうどお昼に着いたので両親はかなりお腹がすいていそうでした。口には出さなくとも目は語っていました。口ほどにものを言っていました。

にぎりまま」(標準語訳は「おにぎり」)を持ってきていたので、汁物だなと思い「いものこ汁」をこしらえました。里芋、こんにゃく、鶏肉、セリを醤油ベースの味付けで煮るだけです。幸運にも、一人暮らしの冷蔵庫に似つかわしくないマニアックな食材が揃っていました。父は「ん、うめ」(標準語訳は「うん、うまい」)と言って食べていました。母は黙々と食べていました。さては一人暮らしで得てきた私のスキルに焦ったのでしょうか。やーい。

さっさと帰したかったところですが、テーブルの上のパソコンに興味を持ち始めます。インターネットで何かしようとしていたのですが、なんと使い方が分からないそうな。YahooやGoogleのような検索ができるサイトでこの枠の中に文字を打ち込んで……。なんて手取り足取り教えて帰しました。実家にはデスクトップのパソコンが確かにありましたが、ネットワークにはつながっていませんでした。

このサイトへの来客はキッズgooからが異常なほど多いんですよね。約10%というGoogle並みの高水準です。そしてきまって「秋田 方言」でやって来るんです。「さては宿題で秋田弁のことが出されたな」といつも思っていて、そんな子どもたちの力になるようにサイト構造が分かりやすいようにしてあげようとは思っていました。が、こんな身近にキッズgooすら使えない大人がいたことには驚きです。一太郎ばかり使うのはいい加減止めて欲しいです。ネットも少しはして下さい!

秋田弁の話ですが、「いものこ汁」といえば「なべっこ」です。秋田県南の小中学校には、大概「なべっこ遠足」という行事があります。川原に食材や食器、ペンキの缶をくりぬいた即席のかまど、大きな鍋などを持って行き、「いものこ汁」を作って食べるというイベントです。

小学校の高学年にもなるともう慣れっこです。「お前は鍋、お前ん家は大工だからおがくず、お前は1年生だから杓子」という感じでリーダーシップを取ります。そして、「いものこ汁」だけではなく、火のなかにサツマイモを突っ込んで焼き芋をこしらえたり、焼肉をやりだしたり、味噌と醤油を合わせて味付けしてみたり、残った汁でうどんを煮てみたり。秋田の文化の中でも本当にいいものだと思います。創造力、実行力、協力姿勢、計画力等を小さいころから養うことができます。今でも楽しかったことがありありと思い出せます。

「里芋、こんにゃく、鶏肉、セリを醤油ベースの味付けで煮る」というのが私の基本スタイルですが、仙台や山形では違うようです。仙台では「芋煮」と言いまして、豚汁に里芋を入れたような感じです。山形のは食べたことがありませんが、牛肉を使うようです。でもやっぱり自分のスタイルが好きなのです。どうも私の脳は仙台の芋煮を豚汁と認識してしまうようです。

この間サークルの芋煮がありましたが、台風のせいで日程が急遽変更になり参加できなくなりました。残念です。風の噂で「キリタンポ」を投入したと聞きましたが、さては権力者のRさんだな。私のスタイルには「キリタンポ」もきっと合います。「キリタンポ」や「だまこ」(秋田には「だまこ汁」という料理があり、「だまこ」はサイズの違うキリタンポと思えば問題ありません)も同じような味付けなので。うう、行きたかったです。

で、両親が帰ったその日の夜に、母から「山形経由で今着いた」というメールが来ました。なんだ山形に行きたかっただけか、と米のパフォーマンスを心配して損しました。私の独り暮らしっぷりを心配して損したから、向こうから攻撃を仕掛けてしてきたのかもしれませんね(笑)

……互いに心配しあって、もどかしすぎますね。何じゃこりゃ。

04/10/28

#35私のパエリアはめっこまま

ちょっと前に先輩と視力の話をしました。

私の視力は非常に悪く、裸眼ではおそらく0.1もないでしょう。視力検査表の一番上の大きい文字もぼやけていてよく分かりません。普通の人は、あの文字を見て「バカにしてるの?」なんて思うのかもしれませんが、本当に分からないのです。信じられないでしょう。一番上の文字が見えないような人の視力をどうやって測るか、皆さんはご存知でしょうか。そのサイズの文字が書かれたパネルを持って、先生がだんだんと近づいてくるんです。もしくは、自分が視力検査の表にだんだんと近づいていくというパターンもあります。

視力は正しく測るべきものですが、なぜか頑張ろうと思ってしまうものですね。私も中学生くらいまではそうでした。しかしこの水準まできてしまうと、もう頑張ろうというモチベーションがありません。はぁ。

メガネもコンタクトも使っている私ですが、かなり視力が悪いため、ちょっと目が悪い人と比べるとかなりお金がかかってしまいます。コンタクトは二週間交換のタイプですが月3000円ほど。普通3ヵ月分をまとめて購入するので、9000円ちょっとかかります。本当は毎日交換できるタイプがいいのですが、強い乱視も入っているので2週間タイプじゃないと対応できないと言われてそうしています。

そういえばこの前先輩が「コンタクト〜?え?何?ワンデイ?ナンデイ?」なんて言っていました。こういうの好き。

秋田弁では、目が悪い人のことを「めちゃれこ」や「めんくされ」などと言います。恐らく、差別的意味合いも含まれているので、大っぴらに言ってはならない言葉です。「めんくされ」はきっと「目腐れ」ということでしょうし。また目が悪くなくとも、目やにがついた状態の目にも「めんくされ」と言ったりします。

ローカルな話題になりますが、平鹿町浅舞にある「よねや」というスーパーマーケットがあります。その道路を挟んだ向かい側にちょこんとしたお店があります。目が悪い兄さんのお店、「めっこあんつぁ」の店だと聞かされていました。そのお店では何を売っていたのかまでは覚えていません。「めっこ」というのは「めちゃれこ」のことなのではないでしょうか。「あんつぁ」は「兄」と言う意味なので、「めっこあんつぁ」の店とは、目が悪い兄さんの店という意味になるのでしょう。

秋田弁では「目」を「まなぐ」と言います。ですからわざわざ差別的な言葉である「めちゃれこ」や「めんくされ」を使わなくとも「まなぐわり」(標準語訳は「目が悪い」)で事足ります。さらに「目が悪い」という言葉自体、普段はなかなか使わないものです。そのおかげかgoogleでは「めちゃれこ」のヒット数が0件(04/11/05現在)でした。どこよりも先駆けて情報を発信できたのは嬉しい限りです。

話はちょっと変わります。

めっこ」というと、やっぱり「めっこまま」のことが思い浮かびます。「めっこまま」とは「まだ炊けきっていないご飯」のことです。炊いてあるのにお米の芯がまだあるということですね。炊飯器で調理するなら、きっちりしておけばそんなことは普通起こりません。ただ現代文明の利器に頼りすぎた人間の手でお米の調理をすると、まれに出来上がります。

私がやってしまったのはパエリアです。パエリアはお米の芯をちょっと残すのがポイントのようですが、水加減がとっても難しいのです。一人暮らしの男には荷が重過ぎました。出来上がったのは単なる「めっこまま」でした。

めっこまま」と「パエリア」は物凄く近い位置にあるのではないかとふと思いました。「めっこまま」=「パエリア」ではないのでしょうが、もしパエリアを日本語にしようと思うのなら「めっこまま」=「パエリア」とするしかないと思うのです。独立行政法人国立国語研究所の関係者はちょっと考えてみてください。

めっこまま」の反対が「きゃっこまま」です。「きゃっこまま」は「お粥」という意味になります。「めっこ」も「きゃっこ」も語源の想像がつきません。「めっこ」は「芽っこ」と単純に考える訳にもいかないでしょうし。

きゃっこまま」もあれば「きゃっこ汁」もあります。アサリやシジミなどの貝が入った汁物であれば、味噌汁でもお吸い物でも使えると思います。この「きゃっこ」は「貝っこ」だとすぐに分かるのですが。

話が二転三転していますが、視力測定の話に戻ります。

中学校の視力測定の日、私の後輩が視力を測っていました。その人はお笑い系のキャラなのですが、おもむろに「東!」と大声で喋ったのです。「右だよ!」と突っ込むのも忘れて、皆爆笑していました。

勢いだけの笑いは文章にすると虚しく響きますね。勉強になりました。

04/11/05

2004-2005©Katu